十禍絶傑ナーフ前環境

今回たまたま気が向いたのと当時の環境デッキを振り返るものを作りたい気持ちはあったので久しぶりに文章書いてみる

蝙蝠ヴァンパイア


上が環境初期に流行ったもの、下が自分がナーフ直前に使っていたもの。(ナーフ後に画像取ったので蝙蝠が8コスト)
自分は下手なプレイヤーであったためヴァンパイアでネクロに負け越していましたが、ネクロに勝ち越せるプレイヤーもいた。と、いうことでプレイヤーのスキル次第では全方位に五分以上ある最強の環境デッキであったといえそうです。レートでは最高使用率87%を記録。フラウロス、信者、翼といったカードの枚数がプレイヤーによってまちまちでチューンのし甲斐のある面白いデッキでした。

侮蔑ドラゴン

ドラゴンは型が豊富(採用圏内カードが多く、一般的なものがよくわからない)なので自分がレート最終日に勝率を出せたデッキを載せておきます。ヴァンパイアには不利なもののそれ以外のすべてのデッキに有利という立ち位置で認識しています。ドラゴンはかなり触ったので少し触れておくと、原初は取られなかったときにネクロ(ロイヤル)に強いのですが、進化置きしてもオルトロス(フラン)+尖兵進化で処理されてしまうと逆にあっさり負けてしまうのでネクロに役割を持たせる以上は過信できないカード。3積みがおおいポセイドンも対ネクロでビックソウルハンターに弱く、その他の方法でも都合よく処理されてしまうとなんの打点にもならずにネクロに10ターン目に到達させてしまうこともしばしば、ドラゴンミラーでもエンハガルミーユ+炎爪で簡単に全処理+顔面6点焼きの起点にされてしまうので個人的には環境的に弱いカード。試合数は多くないのであれですが、原初とポセイドンを抜いた上記の形でネクロに7-0、ドラゴンに8-2の数字が出たのでそういうことだと思い込んでいます。
ミッドレンジネクロ

個人的に基本の40枚が画像のもので、これにアーカスを増やしたり怨恨を差し替えたりしたものが使用されていたと思います。冥賀の案内人を採用した上位層もいる。ヴァンパイアに微有利という立ち位置で使用者が多かった印象ですが、最終的には微不利説もでています。自分は今期のネクロは手札が枯渇しがちで苦手意識がありあまり触らなかったのでこの辺りはかなり曖昧なのでネクロはこの程度で。




という3デッキが主流の環境でした。個人の感想としてはドラゴンの勝率がそこそこよかったもののヴァンパイアが下手で勝てない環境でした。ナーフによってドラゴンの立ち位置は下がるもののヴァンパイアはそこまでっぽいのでなんとかしないといけなさそうです。

制限ダブル使用構築(ノオーポリ2)


今更ですが制限ダブルで遊ぶために作った構築です。折角なので久々に更新してみようということで。
最高レートは1790〜1799(忘れた)で、当初は1800に乗せようと思ったけど1750くらいまで溶かしてしまったあとに会社が忙しくなって諦めました。
吹雪打ってればそれなりに勝てるだろうと思って適当に作った構築で、それなりに楽しめました。


ユキノオー@ユキノオナイト
最遅HC
吹雪/エナジーボール/岩雪崩/守る

この構築の原点。
岩雪崩は通常ダブルであれば礫の優先度の方が圧倒的であると思うがウルガモスが強いらしいので入れたらイージウィンできたので楽しかった。


■ポリゴン2@進化のキセキ
最遅HC 特性DL
トライアタック/吹雪/シャドーボール/トリックルーム

トリル役。
DL決まったら強いけど通常ダブルよりもDL決まりにくかった印象。
ノオーと一緒に吹雪打つの楽しい。


マリルリ@リンド
勇敢HA
滝登り/じゃれつく/アクアジェット/守る

ユキノオーと攻撃範囲の相性がいいポケモン
持ち物は多そうなルンパッパの意表をつけるリンドにした。


レパルダス@気合の襷
Sドーブル抜き残りHD
猫だまし/嘘泣き/挑発/イカサマ

猫だまし要因。
ドーブルがとてもつらそうなのでアンコールを切って挑発。
アンコールを全く気にしない1400勢に苦戦する原因となった。


■ウィンディ@木炭
冷静HC
熱風/フレアドライブ/神速/守る

焼却用。
折角冷静にしたのでワイガ対策兼命中100技に放射ではなくフレアドライブを採用。
フレアドライブを見せた後は熱風を相手が警戒していない動きをしたので意味は多分あった。


ムクホーク@スカーフ
意地AS
ブレイブバード/捨て身タックル/命がけ/とんぼ返り

威嚇する鉄砲玉。
メガプテラを意識して命がけを採用してみたが襷も多かった。


○戦い方
トリルして吹雪を打つ。
負けそうになったら凍らせる。 以上

リトルマッチ使用構築

公式大会:リトルマッチに参加してきました。
戦績は35-10 1820〜1830くらいだと思われます。
思った以上に勝てない結果となり、リベンジしたいです。スペシャルルール等で復活して欲しいところ。


■ニューラ@気合の襷
22-19-12-*-14-23
猫だまし/叩き落とす/氷柱落とし/瓦割


■ストライク@こだわりスカーフ
23-20-15-*-15-22
燕返し/とんぼ返り/瓦割/電光石火


■ガーディ@ゴツゴツメット
25-*-15-13-11-13
火炎放射/朝の陽ざし/鬼火/吠える


チョンチー@木の実ジュース
25-*-12-14-13-14
なみのり/10万ボルト/ボルトチェンジ/こごえるかぜ


テッシード@オレンの実
24-12-19-*-14-7
アイアンヘッド/タネマシンガン/電磁波/宿り木の種


グライガー@ジャポの実
23-17-17-*-13-19
地震/アクロバット/叩き落とす/挑発


種族値の影響は小さいと言われていましたが、並べてわかるストライクの圧倒的数値。


以下使用感

続きを読む

燃えよ!ドラゴンタイプ使用構築

インターネット大会で行われた燃えよ!ドラゴンタイプでの使用構築


ルールはざっくりいうと
幻含む禁止伝説2体までを使用可能
構築内にドラゴンタイプが1体必須
見せありあり4→4のGSルール


まともな禁止伝説戦は初めてであったので上級者から見れば穴だらけだと思う。

続きを読む

ニョロラグクレセ

ニョロトノ@こだわり眼鏡
185-*-108-156-120-90
ハイドロポンプ/なみのり/れいとうビーム/気合玉

ラグラージラグラージナイト
195-177-101-*-111-93
地震/滝登り/冷凍パンチ/けた繰り

クレセリアゴツゴツメット
227-*-189-96-150-105
サイコキネシス/月の光/トリックルーム/三日月の舞

ウルガモス@命の珠
161-*-85-187-125-167
大文字/ギガドレイン/めざ氷/蝶の舞

バンギラス@こだわり鉢巻
207-204-130-*-120-81
ストーンエッジ/噛み砕く/追い打ち/ほのおのパンチ

フシギバナフシギバナナイト
187-*-104-128-143-115
ヘドロばくだん/ギガドレイン/眠り粉/光合成



クレセリアフシギバナのあまりの弱さに卒倒
ニョロトノウルガモスは強かった

〜眼鏡ボーマンダ〜 第11回北大阪オフ使用構築【ORASシングル】


ボーマンダ@こだわり眼鏡
171-*-100-178-100-152
流星群/龍の波動/大文字/寝言

マンムー@気合の襷
185-182-101-*-80-145
地震/氷柱針/氷の礫/地割れ

バシャーモバシャーモナイト
155-233-101-*-100-152
とび膝蹴り/フレアドライブ/叩き落とす/守る

■サンダー@ゴツゴツメット
197-*-150-146-110-120
ボルトチェンジ/熱風/吠える/羽休め

ナットレイ@食べ残し
181-115-184-*-137-55
アイアンヘッド/電磁波/宿り木の種/身代わり

■ガルーラ@ガルーラナイト
185-166-121-*-127-167
地震/岩雪崩/グロウパンチ/身代わり




「こんなん眼鏡ボーマンダ最強でしょ」
この発言から私の眼鏡ボーマンダ考察は始まったわけだが、なかなか6匹としての構築を作るには至らなかった。
そんな中メガラグラージで遊んでいるとロトム以外の電気にメガラグラージが強く、そこに眼鏡ボーマンダを入れることでロトムを含む電気にも対応できることに気が付く。
現在メガボーマンダスイクンに有利に出れる電気タイプは構築に非常に入り易くなっておりこの組み合わせに魅力を感じた。
しかしメガラグラージのまま採用するとニョロトノを入れたくなり、持ち物においてボーマンダと眼鏡が被る事案が発生した。
そのため今回では同じようにロトム以外の電気に有利であるマンムーをまず相方とすることにした。ロトムを眼鏡流星群で突破した後にマンムーが一貫することも期待できる。
ボーマンダマンムーでは対応しきれない対高速性能と全抜き性能を持ったポケモンとしてメガバシャーモ、マンダの繰り出し回数を増やすためのボルトチェンジを採用したサンダー、マリルリを含むフェアリータイプを詰ませていけるナットレイを入れ、最後にこの5体では崩しにくい高耐久ポケモンを崩すメガガルーラを添えて完成した。

【以下個別】

続きを読む